お七夜・お宮参り・お食い初め

知って得する冠婚葬祭マナー
お七夜 お宮参り お食い初め

お七夜・お宮参り・お食い初め

内輪のお祝い事として、生まれた赤ちゃんの成長に合わせ、お七夜お宮参りお食い初め
という伝統行事があります。それぞれの行事に良き思い出として家族でお祝いしましょう。



お七夜〜命名書/生後7日目に名前をお披露目



生後7日目の夜を 「お七夜
(おしちや)」 といい、この日までに名前を決めて披露します。
ちょうど母子の退院のころにあたりますから、退院祝いを兼ねて内輪でお祝いします。

命名書は、父親が半紙の中央に毛筆の楷書
(かいしょ)で 「命名○○」 と名前を書き、
その左側に生年月日を記します。命名書は市販品でもかまいません。
(場合によっては、達筆な方に代筆してもらうこともあります)

飾る場所は、正式には神棚や床の間ですが、部屋の正面の鴨居
(かもい)
ベビーベッドのそばでも良いでしょう。

21日目を過ぎたら、床上げ
(とこあげ)といって、命名書をはずし、へその緒といっしょに
神棚や仏壇、あるいはタンスの引き出しに納め、子供が成人するまで大切に保管します。

最近では、記念として、赤ちゃんの足形や両親の愛情メッセージ(感想など)を書いた
文章なども添えての保管が多くなっています。
スポンサードリンク
略式の命名書

略式の命名書
命名書は赤ちゃんの名前、生年月日、父親の名前と続柄を書くのが慣例ですが、夫婦ふたりの子供ですのでふたりの名前と続柄を書いてもよいです
お宮参り〜神社/初穂料(はつほりょう)


お宮参りは、赤ちゃんが生まれて初めて土地の氏神様(うじがみさま)に詣(もう)で、
氏子入りする儀式、「産土神参り
(うぶすながみまいり)」 ともいいます。

赤ちゃんが無事に成長していることに感謝し、幸福と長寿を祈願します。

参拝の時期は、男の子は生後31日目、女の子は32日目とする地域が多いようですが、
最近は1か月を過ぎた頃の天候が穏やかな日を選んで行うのがふつうです。

お参りは、遠方では母子に負担がかかりますので、地元の神社が良いでしょう。


≪メモ≫ お宮参りは、神殿でおさい銭をあげて拝礼するだけでもよいのですが、
      祝詞をあげてお祓いを受けることもできます。その場合、あらかじめ社務所に
      申し込んで日時を予約しておきましょう。

      お礼は、のし袋に赤白の蝶結びの水引をかけ、「初穂料」 「玉串料」 と書き、
      その下に赤ちゃんの名前を記します。
      金額は、お祓いを申し込むときに確認しておきましょう。
      「お志で結構です」といわれたら、三千円〜五千円程度を包みます。

スポンサードリンク

お宮参りの服装


赤ちゃんは白い内着(うちぎ)を着て、その上に男の子ならのし目模様、
女の子なら絵羽模様の祝い着をかけて、父方の祖母が抱き、
母親が付き添うのがしきたりでした。

最近は、外出用のベビー服を着せて、両家の祖父母と親子でお参りすることが
多いようです。

母親の服装は、訪問着か付け下げに袋帯、赤ちゃんを抱く祖母は、色無地か鮫小紋、
父親はダークスーツです。

最近では、親子3人がお参りすることが多く、服装も赤ちゃんはベビー服、
両親はスーツというように簡略化されてきています。

                                             ▲ページUP
お宮参り/お祝いの贈り物(訪問された側)


お宮参りの帰りに訪問された家では、魔よけの意味で、でんでん太鼓や
犬張子を贈るものとされていましたが、お菓子やおもちゃでもかまいません。

贈り物の用意がなければ、半紙にお祝い金を包み 「玩具料」 「おもちゃ料」 と
書いて渡します。お祝い金(現金)の金額は3,000円〜5,000円が目安です。


◎お食い初め


お食い初め
(おくいぞめ)とは、赤ちゃんが一生食べ物に困らないことを願って、
尾頭
(おかしら)つきの魚や赤飯、吸い物などの膳を用意し、食べさせるまねをする儀式です。

別名「箸初め
(はしぞめ)」 「箸ぞろえ」 「歯固め(はがため)」 ともいいます。

祝い膳には、歯が丈夫な子に育つようにとの願いから、小石を添えることもあります。

祝う時期は地域によって異なりますが、生後100日前後が多いようです。

親族のうちで長寿の人が養い親(食べさせる役)を務めるのが習わしです。
しかし最近では、離乳食を始める記念の日として、家族だけか、祖父母を招いて簡単に
お祝いをするのが一般的です。

ひとりずつ赤ちゃんを抱いて箸をつけさせ、写真に収めると良い思い出になります。

食器は正式には漆塗りのものを用いますが、
これから赤ちゃんが使う離乳食用の食器でもかまいません。

お食い初めの祝い膳の内容は、
鯛の尾頭つき・小さめの握り飯2つ・吸い物・うめぼし5個
小石2個・紅白のもち5個(白3赤2)
です。


赤ちゃんの服装は、これまで着ていた白い産着を色物の晴れ着に着替える
「お色直し式」 を行う習わしもあります。


◎お食い初め メニュー


「季節の旬のもの」 を中心に、
各地方で作られる、おめでたい食べ物を使うとよいでしょう。



【お食い初め メニューの一例】


別の大皿(陶器でも漆器でもかまいません)に鯛の尾かしら付を用意します。
(伊勢えびでも結構です)

それぞれの器と盛り付け例

・写真1 「めし椀」

赤飯が普通ですが、季節の栗ご飯・豆ご飯などでも
よいでしょう。

・写真2 「汁椀」
たとえば信州木曽では、「つぼつぼ」という汁物や
「おおびら」という汁物がありますが、そのような
地域のおめでたいもので結構です。また、豆腐と
なめこ汁やよもぎやごぼうなどの季節感のある
汁物でもよいでしょう。

・写真3 「お平椀」
おもに煮物や和え物など。春でしたら、たけのこや
ふきなど、秋でしたら里芋や豆類などです。

・写真4 「つぼ椀」
おつくりや焼き物を盛り付ける。


・写真5 「高つき」
歯固めの石を盛り付けてください 。
お食い初め メニュー


◎お食い初めのお祝い


お食い初めのお祝いを贈るときは、「御食初祝」 「箸そろえ」 と表書きをして、
赤白の蝶結びの水引をかけます。


                                             ▲ページUP

冠婚葬祭マナー/TOP

サイトマップ

 結 婚

見合いマナー
結納
結納の挨拶(口上)
結婚式の準備
新郎新婦の心得
披露宴/結婚式マナー
結婚式/披露宴スピーチ

結婚式/披露宴の服装
結婚式・披露宴
  スタッフの心得


 お祝いと行事

結婚祝い
結婚記念日
帯祝い
出産祝い・金額相場ほか
お七夜・お宮参り
  ・お食い初め

初節句のお祝い
七五三のお祝い
入園・入学祝い
卒業のお祝い

就職のお祝い

成人のお祝い
栄転のお祝い
昇進のお祝い
退職・定年退職祝い
還暦祝い/長寿祝い
新築のお祝い
引越し転居祝い
開店お祝い
開業のお祝い
快気祝い・全快祝いほか


 葬 儀

葬儀葬式告別式のマナー
香典の金額・相場ほか
通夜のマナー

通夜・葬儀葬式の服装
葬儀葬式/告別式関連の挨拶
お悔やみの言葉
通夜ぶるまい

香典返しのマナー
法事・法要のマナー
法事法要の挨拶・案内状
法事法要の期日・回忌法要
法事法要の服装

 お付き合い

訪問の際のマナー

お中元 ・お歳暮
お見舞い
近所付き合いのマナー
引越し手続き・準備
公共 マナー


 テーブルマナー

食事のマナー


 手紙・はがき

お礼状
お祝い状

詫び状
通知・挨拶状/送り状

案内状・招待状
お悔やみ状
お見舞い状
時候の挨拶

 ビジネスマナー

ビジネスマナー 挨拶

ビジネスマナー 服装
ビジネスマナー 電話

ビジネスマナー 名刺

▼Others

冠婚葬祭の関連用語

                          ◆ Copyright (C) 知って得する!!冠婚葬祭マナー All Rights Reserved ◆