夫の仕事関係者~お中元のお礼状の書き方と文例・例文

知って得する冠婚葬祭マナー

お中元のお礼状



お礼状はいただいた本人が書くのが原則ですが、お中元やお歳暮などの場合、忙しい夫に代わって妻が書くこともあります。もらいっぱなしにするのは禁物です。はがきでもかまいませんので、必ず礼状を書きましょう。
妻が代筆の場合は、差出人に夫の名前で書き、夫の名前の左下に小さく 「内」 と書き添えます。

ただし親戚など、日頃から親しくしている相手に出すときは、
「内」 とするとよそよそしい感じがしますから、妻の名前にしたほうがよいでしょう。
      >>お礼状の目次へ
スポンサードリンク
   1月〜12月の季節・時候の挨拶と結びの文例は
        こちらから
 時候の挨拶へ
 ◆夫の仕事関係者へのお中元のお礼状 (文例/例文)

拝復 連日暑い日が続いておりますが、○○様におかれましてはますますご健勝のことと、心からお喜び申し上げます。

平素は一方ならぬご高配を賜り、ありがたく厚くお礼申し上げます。

さて、このたびは丁重なご挨拶とお中元の品をお贈りいただきまして、まことにありがとうございました。

平素は私どものほうこそ何かとお世話になっておりますのに、このようなお心遣いをいただき、恐縮しております。

末筆ながら、ご家族皆様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。    敬具

                                           山 下  学
                                                  

 ◆夫の部下へのお中元のお礼状 (文例)

お暑い毎日でございますが、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。

平素は主人がたいへんお世話になっておりますうえに、また、この度はまことに結構なお品を恵贈(けいぞう)いただきまして、ありがとうございました。お心にかけていただき、恐縮いたしております。
暑さの折柄(おりから)、ますます御健康でご活躍のほど、陰ながらご祈念申し上げます。

まずはお礼まで。   かしこ

                                          山 下   学
                                                  

スポンサードリンク
                                            ▲ページUP

冠婚葬祭マナー/TOP

サイトマップ

 結 婚

見合いマナー
結納
結納の挨拶(口上)
結婚式の準備
新郎新婦の心得
披露宴/結婚式マナー
結婚式/披露宴スピーチ

結婚式/披露宴の服装
結婚式・披露宴
  スタッフの心得


 お祝いと行事

結婚祝い
結婚記念日
帯祝い
出産祝い・金額相場ほか
お七夜・お宮参り
  ・お食い初め

初節句のお祝い
七五三のお祝い
入園・入学祝い
卒業のお祝い

就職のお祝い

成人のお祝い
栄転のお祝い
昇進のお祝い
退職・定年退職祝い
還暦祝い/長寿祝い
新築のお祝い
引越し転居祝い
開店お祝い
開業のお祝い
快気祝い・全快祝いほか


 葬 儀

葬儀葬式告別式のマナー
香典の金額・相場ほか
通夜のマナー

通夜・葬儀葬式の服装
葬儀葬式/告別式関連の挨拶
お悔やみの言葉
通夜ぶるまい

香典返しのマナー

法事・法要のマナー
法事法要の挨拶・案内状
法事法要の期日・回忌法要
法事法要の服装

 お付き合い

訪問の際のマナー

お中元 ・お歳暮
お見舞い
近所付き合いのマナー
引越し手続き・準備
公共 マナー


 テーブルマナー

食事のマナー


 手紙・はがき

お礼状
お祝い状

詫び状
通知・挨拶状/送り状

案内状・招待状
お悔やみ状
お見舞い状
時候の挨拶

 ビジネスマナー

ビジネスマナー 挨拶

ビジネスマナー 服装
ビジネスマナー 電話

ビジネスマナー 名刺

▼Others

冠婚葬祭の関連用語
                      ◆ Copyright (C) 知って得する!!冠婚葬祭マナー All Rights Reserved ◆