結婚式/披露宴での謝辞〜新郎のスピーチ・挨拶の文例/例文

新郎のスピーチ(挨拶)の文例

結婚式/披露宴〜新郎のスピーチ(謝辞) @

皆様、お忙しい中を、私たち二人のために、わざわざお集まりいただきまして、まことにありがとうございます。皆様のおかげで、このような素晴らしい結婚披露宴を行うことができましたことと、心が温まるひとときを送れましたことに、喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。いま、新しいスタートラインに立ち、これから家庭を持つ人間として、社会で果たすべき責任も大きくなりますが、お互いに、相手を思いやる気持ちを大切にし、高めあえる夫婦となるよう、がんばっていきたいと思います。そして、二人で力をあわせ、いつも明るく、いつも笑いの絶えない家庭にしていきたいと思います。このように、まだまだいたらない二人ですが、どうかこれからも、末永くご指導くださいますようお願い申しあげます。
最後になりましたが、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしまして、私たち二人のお礼の挨拶と代えさせていただきます。本日は、ほんとうに ありがとうございました。

 

結婚式/披露宴〜新郎のスピーチ(謝辞) A

本日は、お忙しい中、私どもの結婚披露宴にご列席いただきまして、まことにありがとうございました。また、数々の祝福と励ましのお言葉をいただきまして、心から御礼申し上げます。こうして皆様に祝福されながら、新しい生活をスタートできることは、私たち二人にとって大きな喜びです。
これからは、本日皆様を前に、両名で結婚を誓いました言葉、そして皆様からいただきました、たくさんの温かいお言葉を胸に刻み、二人で明るく、幸せな家庭を築くよう努力してまいります。
未熟な私どもではございますが、これからも皆様の変わらぬご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
最後になりましたが、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしまして、私のごご挨拶とさせていただきます。本日は、まことにありがとうございました。

 

結婚式/披露宴〜新郎と新婦二人でのスピーチ(謝辞)

新郎: 本日は、私たちのためにこのようにたくさんの方にお集まりいただき、
    本当にありがとうございました。

 

新婦: こころからお礼申し上げます。

 

新郎: また、温かいお祝いのことばや、力強いアドバイスなどをいただき、
    胸を熱くしております。皆様からのおことばの数々を心に刻み、今
    後の支えにさせていただきます。未熟なふたりですが、今日の感激
    を忘れずに、うれしいこともつらいことも共にしながら、こころの
    安らぐ家庭をつくっていきたいと思っています。どうか今後とも、
    お導きくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

新郎
新婦: 本日はまことにありがとうございました。